■■■■■■■■■■■■■■■■

東京都市大学

如学会メールマガジン 【第329号】

2020年9月16日号

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

「広瀬鎌二 建築展 SH+」も今年は第3回、今回は原寸フレームモデルの展示はありませんが、SHシリーズであまり雑誌等で発表されていない建築の図面、写真をパネル展示します。

入場の際に、新型コロナ感染拡大予防対策として、記帳等をお願い致します。

皆様お誘い合わせの上、ご来場下さい。

 

◆協賛金のお願いです(締切:10月10日)
 添付資料をご覧の上、ご協力をお願い致します。

 

 

「広瀬鎌二 建築展 SH+」

第3回 2022年 生誕100年に向けて

建築設計図(原図)+建築写真(平山忠治、三沢博昭)+ BIM動画など

 

2020年1114[]19[]

9:00 – 19:30
(最終日の19日は17:30まで)

建築会館ギャラリー(入場無料)

主催:広瀬鎌二アーカイブズ研究会
後援:如学会 他

 

 

「広瀬鎌二建築展SH+ 第3回」概要

■展覧会

建築会館ギャラリー 11月14日(土)~19日(木) 9:00~19:30(最終日17:30まで)
SH-38からSH-60までを取り上げ、図面、写真(平山忠治氏、三沢博昭氏)、BIM動画などを展示する予定。
※原寸モデルはございません。 (入場無料)

 

■記念誌

11月14日「広瀬鎌二 SH+ 03」(A4判横、約96頁、モノクロ)発行(非売品)

 

■VRミュージアム(VRM)

展覧会終了後、WEBにてVRミュージアムを展開予定

※第3回については、オープニングパーティはございません。

 

●●●協賛の種別について●●●

※有意義な建築展を実行していくために、「SH+」の実行主旨にご理解をいただける組織・企業の協賛、個人の協賛をお願いしております。

■企業協賛A:1口:10万円
・記念誌に1/2頁(W:132mm、H:183mm)広告掲載+会場・VRMに社名掲載
・記念誌10冊

■企業協賛B:5万円
・記念誌に1/4頁(W:132mm、H:89.5mm)広告掲載 +会場・VRMに社名掲載
・記念誌5

■企業協賛C:2万円
・記念誌に名刺大(1/9頁)(W:86mm、H:58mm)広告掲載 +会場・VRMに社名掲載
・記念誌2冊

■個人協賛A:1口:2万円
・記念誌協賛名簿+会場・VRMに氏名掲載 ・記念誌2冊

■個人協賛B:1万円
・記念誌2冊

 

・・・・・下記について、メールにてお送りください・・・・・

件名:「広瀬鎌二建築展SH+03」協賛お申込(お名前)

御社名:
御社住所:
御担当部署名:
御担当者名:
御連絡先:
TEL:
E-mail:
申込み種別(いずれかをご記入下さい):
  協賛A ・ 協賛B ・ 協賛C ・ 個人協賛A ・ 個人協賛B

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

送付先:広瀬鎌二アーカイブズ研究会(担当:寺内朋子)E-mail: hirose.archive@gmail.com
※お申込みいただきましたら、振込口座を記載したご請求書をお送りいたします。

 

 

■主催
広瀬鎌二アーカイブズ研究会(代表:矢野和之)
〒101-0003 東京都千代田区一ツ橋2-5-5岩波書店一ツ橋ビル13階 (株)文化財保存計画協会 気付
E-mail: hirose.archive@gmail.com

 

 

■リーフレットおよび協賛のお願いのPDF版はこちら↓
広瀬鎌二 建築展 SH+ 第3回『2022年 生誕100年に向けて』

 

 

 

 

メールマガジン登録の解除

配信停止をご希望の方は、こちらにご返信ください。

jogakkai.info_stop@jogakkai.jp


【東京都市大学如学会メールマガジン】NO.329

総編集長:如学会会長 山岡嘉彌

編集責任者:情報委員長 露木博視

発行:東京都市大学 如学会

東京都世田谷区玉堤1-28-1

如学会HP :https://jogakkai.jp/


本号編集及び発信担当 : 山岡嘉彌

山岡嘉彌デザイン事務所

東京都港区東麻布3-10-3-4F 〒106-0044

TEL : 03-3588-0951 FAX : 03-3588-0961

E-MAIL : info@yamaoka-architects.co.jp