■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

東京都市大学

 

如学会メールマガジン 【第289

              

         2019115日号

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

横浜市役所の技術系職種への就職希望者のための「横浜市現場見学ツアー」のご案内と、

「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する教会群を写し、後に世界遺産

登録に貢献した三沢博昭氏が今から40年前に撮影した同じく世界遺産となった「富岡製糸場」

の資料展のご案内です。

詳しくは、パンフレットをご覧の上、各々の問い合わせ先にご連絡下さい。

――――――――――――――――――――――――――

〈技術系職種〉「横浜市現場見学ツアー」

YOKOHAMA×ENGINEER 2019

 

土木Aコース    215[] 1350-1630 (予定)

土木Bコース    221[] 1300-1700 (予定)

建築コース      226[] 1200-1700 (予定)

機械・電気コース 31  [] 1245-1715 (予定)

――――――――――――――――――――――――――

(添付資料参照)

 

対象者:横浜市役所の技術系職種(土木職・建築職・機械職・電気職)

の仕事に興味がある方

 

申込期間:平成3114日[金]1000 125日[金]1000

いずれのコースも先着順ですので、お早めにお申し込み下さい。

定員に達し次第、受付を終了します。

 

申込方法:横浜市電子申請システムよりお申込み下さい。

(スマートフォンからも申込可能です)

 

※お一人につき1コースのみ、申込みができます。

※詳細は横浜市職員採用ホームページ「始動。」をご覧下さい。

http://www.city.yokohama.lg.jp/jinji/saiyou.html

 

 

土木Aコース    215[] 1350-1630 (予定) ※定員35

〇相模鉄道本線(星川駅~天王町駅)連続立体交差事業

 

土木Bコース    221[] 1300-1700 (予定) ※定員35

〇横浜環状北西線建設事業

 

建築コース      226[] 1200-1700 (予定) ※定員30

〇都市デザイン見学

〇横浜市市庁舎新築移転工事(建築工事)

 

機械・電気コース 31  [] 1245-1715 (予定) ※定員30

〇帆船日本丸大規模修繕工事

〇横浜市市庁舎新築移転工事(設備工事)

 

 

※見学後には職員の講演や個別相談会(土木AB)、ワークショップ(建築、機械・電気)を

 企画しています。

 

 

問合せ先

横浜市人事委員会事務局任用課

TEL045-671-3347(平日08:45-17:5

FAX045-641-2757

E-mailji-ninyo@city.yokohama.jp

 

 

――――――――――――――――――――――――――

「建築写真家が見た富岡製糸場」

建築写真の専門家が捉えた操業中の富岡製糸場の姿を伝える写真展

 

故 三沢博昭 氏(S42卒) 撮影 

11[] 331[]

――――――――――――――――――――――――――

(添付資料参照)

 

明治5年(1872年)から昭和62年(1987年)まで115年間稼働した富岡製糸場の歴史の中で

本資料展で紹介する写真が撮影された昭和53年は晩年に位置付けられます。

日本の製糸業は既に斜陽にありましたが、富岡製糸場における生糸生産量は昭和49年がピークで

あり、この時期も活発に稼働していました。

 撮影者は、歴史的建造物の記録写真を多く手がけ、今年度「世界遺産一覧表」に記載された「長崎

と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を構成する教会群を写した写真集をはじめ多くの作品を

残している故三沢博昭氏です。

今から40年前に歴史的建造物写真の専門家が撮影した富岡製糸場の貴重な写真をご覧ください。

 

 

日時:201911[] 331[]

講演 9:0016:30 ※最終入場は16:00まで、富岡製糸場は17:00閉場

 

会場:富岡製糸場 国宝「西置繭所」保存修理工事見学施設

370-2316 群馬県富岡市富岡1-1

 

※見学施設のご利用は」これまで有料でしたが、屋根葺替工事の完了に伴い、11日から無料と

   します。

   また、見学施設は3月いっぱいで閉鎖となりますので、この機会にぜひご見学ください。

 

主催:富岡市

 

お問合わせ

富岡製糸場保全課保存活用研究係

0274-64-0005

 

※閲覧には富岡製糸場の見学料が必要です。

(大人1,000円、高校・大学生250円、小・中学生150円)※富岡市民は無料

 

 

—————————————————

●メールマガジン登録の解除

配信停止をご希望の方は、こちらにご返信ください。

jogakkai.info_stop@jogakkai.jp

—————————————————

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【東京都市大学如学会メールマガジン】NO.289

総編集長 :如学会会長 山岡嘉彌

編集責任者:情報委員長 露木博視

発 行  :東京都市大学 如学会

      東京都世田谷区玉堤1-28-1

如学会HP https://jogakkai.jp/

―――――――――――――――――――――
本号編集及び発信担当 : 山岡嘉彌

山岡嘉彌デザイン事務所

東京都港区東麻布3-10-3-4F 〒106-0044

TEL : 03-3588-0951 FAX : 03-3588-0961

E-MAIL : info@yamaoka-architects.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□