■■■■■■■■■■■■■■■■

 

 

東京都市大学

 

如学会メールマガジン 【第276号】

 

         2018730日号

 

 

■■■■■■■■■■■■■■■■

 

本学共通教育部リテラシー学群の岡山理香先生が、軽井沢のル・ヴァン美術館で

ユニークなご講演をされます。

 

メタボリズムの旗手で、奇才とも言われた今は亡き黒川紀章氏の若き日の肉声を聞き

ながら生前の黒川氏と親交のあった方々のご意見も含め、幅広い分野の方々と語り合い

たいとのことです。

 

如学会の会員の中にも黒川事務所出身の方々もおり、ご興味がある方々も多くおられる

と思いますので、爽やかな季節の軽井沢でのイベントに是非ご参加下さい。

 

申込み人数がまとまりましたら、直行の日帰り貸切バスを準備します。

以下にご連絡下さい。

 

申込み締切:810日[金]

 

山岡嘉彌

090-3237-4723

info@yamaoka-architects.co.jp

———————————————————————

VOICE肉声

 

1971-2002 文化学院特別公開講座の記録

20世紀の文化人たちの素顔にせまる

 

Vol.1 黒川紀章

 

その声に聞く美学と使命

———————————————————————

 

1974525日、第7回文化学院特別公開講座に登壇したのは、建築家 黒川紀章

19342007)であった。

彼の声は、深くつややかで、聴衆に語り掛けながらも、時折、洞窟の中での一人語り

のようにも聞こえる。

この4年前の1970年、大阪万博で数々のパビリオンを手掛け、2年前にはメタボ

リズムのモニュメントとしての中銀カプセルタワーも完成している。

一つの頂点を極めた若きスター建築家の声。

そこには、自信に満ちあふれた、というよりも、今後の建築や都市について憂い、

行く道に戸惑う、そんな声も聞こえた。

まさに不惑の年であったのだろうか。

後年、各国に都市計画を実現し、没後11年にして遺作となったスタジアムが2018

FIFAワールドカップの熱戦の舞台となった。

黒川紀章40歳のVoice、その肉声から、彼の美学と使命をひもときたい。

 

 

 

日時:201899[]   14:00開講

会場:アトリエ ル ヴァン

料金:1,000

講師:岡山理香/東京都市大学准教授

司会:立花万起子/ルヴァン美術館学芸員、元・文化学院講師

 

 

 

問い合わせ・予約連絡先:軽井沢ルヴァン美術館

(アトリエ ヴァンはルヴァン美術館の付属施設)

 

JR北陸新幹線「軽井沢駅」下車

または乗り継ぎ、しなの鉄道「中軽井沢駅」下車で3km

*夏季は両駅より路線バス運行

 

●上信越自動車道「氷・軽井沢IC」より12km

軽井沢バイパス18号「鳥井原」交差点(歩道橋)より

杉瓜方面へ1.5km

 

●駐車場 40台収容

 

TEL0267-46-1911

FAX0267-46-1910

URL http://www.levent.or.jp

 

 

—————————————————

●メールマガジン登録の解除

配信停止をご希望の方は、こちらにご返信ください。

jogakkai.info_stop@jogakkai.jp

—————————————————

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

【東京都市大学如学会メールマガジン】NO.276

総編集長 :如学会会長 山岡嘉彌

編集責任者:情報委員長 露木博視

発 行  :東京都市大学 如学会

      東京都世田谷区玉堤1-28-1

如学会HP   https://jogakkai.jp/

—————————————————————
本号編集及び発信担当 : 山岡嘉彌

山岡嘉彌デザイン事務所

東京都港区東麻布3-10-3-4F 〒106-0044

TEL : 03-3588-0951 FAX : 03-3588-0961

E-MAIL : info@yamaoka-architects.co.jp

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□