新建築2012年11月号掲載の「JA東京むさし本店」と「小金井市民交流センター」の見学会のお知らせです。
武蔵小金井駅近傍にあり、いずれも今日的なテーマで興味ある取り組みをしており、OBである設計者自身による解説です。
斬新なこの2つの新作は必見です。奮ってご参加下さい。

如学会会長 山岡嘉彌
事業委員長 大藪元宏

第15回 如学会作品見学会
日時 2013年2月24日[日]10:00AM 集合
10:00-11:00「JA東京むさし本店」見学
解説:丸目明寛(久米設計 建築本部建築設計部 主管・S60卒)
11:30-12:30「小金井市民交流センター」見学
解説:西田勝彦(ヘルム 代表・S45卒)
※大ホール・小ホールは演奏会を行なっていますが、
音楽鑑賞も兼ねて見学が可能です。(無料)

集合場所:「JA東京むさし本店」入口
住所:東京都小金井市貫井北町1-10-1
TEL:042-388-8831
HP :http://www.jatm.or.jp/index.html

申し込み締切:2013年2月18日[月]
申し込み先:事業委員長 大藪元宏大藪元宏建築研究所
TEL:044-811-9527
HP :090-3680-2509
MAIL:moaa@h9.dion.ne.jp

  • JA東京むさし本店
    不整形な敷地での巧みなプランニングや作物収穫用の籠をモチーフとしたユニークな外観のみならず内観も魅力的で、素材の使い方、光、色彩ともにシックでクール。「環境」に関してなど今日的なテーマも多く盛り込まれています。先日、環境省主催の省エネ照明デザインアワード2012でグランプリを受賞しました。
  • 小金井市民交流センター
    その形状で「音質」が決まるといわれるホール。小金井市民交流センターの大ホールは、音の拡がりを豊かにする音響反射板を可動式にすることにより、アコースティックなサウンドに理想的なコンサートホール形式と、演劇などに適したプロセニアム形式という二つの顔を持っています。クラシック音楽、演劇はもちろん、ポップス、ミュージカル、古典芸能などあらゆる舞台芸術に対応しています。

No15